ビービーシステムのMicrosoftソリューションを紹介

Power Platform コンサルティングサービス

デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するため、既存データの活用や業務の自動化を可能にするプラットフォームが注目されています。

なかでも、マイクロソフト社のPower Platformは、業務プロセスやワークフローを自動化したり、データの可視化が行えたりするツールの集合体で、DX推進の一手として活用できるサービスです。

Microsoft Power Platformとは

ローコーディングで業務アプリケーションを開発できる「Power Apps」、業務プロセスやワークフローを自動化する「Power Automate」、データを収集・分析・可視化する「Power BI」、AIを搭載したチャットボットをノーコーディングで作成できる「Power Virtual Agents」という4つで構成するマイクロソフトのサービス。

弊社のサービスでは、その大注目の「Power Platform」を、今すぐにでも使えるようご支援します。

 

 

プログラミング知識が無くてもアプリ開発ができる

「Power Apps」は、ローコーディングで業務アプリケーションが作れる開発ツールです。操作方法を学べば、自社内でアプリの作成が簡単にできます。

弊社サービスは、PowerAppsの講習メニュー(ハンズオン)を用意してます。PowerAppsを自社で活用するため、初期設定からアプリ開発の操作方法まで、解説いたします。

作成できるアプリの例

ProcessLook+テンプレート

 

社内プロセスを自動化する

「Power Automate」は、RPA機能が装備されているワークフロー作成ツールです。自社内のアプリケーションやサービスと接続して、自動ワークフローを作れます。

ハンズオンでは、実際に操作をしながらアプリケーションの作成を進めます。

 

既存データを活用してビジネススピードを上げる

「Power BI」は、ビックデータの解析ができるツールです。多様なデータに接続して、必要なレポートを作成できます。リアルタイムなデータをもとに、部門内に必要な洞察を得ることができます。

弊社サービスでは、Power BIの知識習得と、Power Apps・Power Automateと組み合わせたアプリケーションの開発講習を行います。

 

Microsoft 365 のライセンスを有効活用する

Power Platformは、Microsoft 365のライセンスに含まれています。OutlookやTeams、OneDrive・SharePoint といったコラボレーション機能との連携もシームレスにでき、様々な利用方法ができます。

Power PlatformとTeams・SharePointと連携するアプリの利用例

ProcessLook+アプリ活用イメージ


 

Power Platformを更に使いこなす

ハンズオンでの講習の他、もっとアプリケーションを使いたい、他のシステムとも連携させて使いたい、等、Power Platform導入後の課題や疑問点を解決するサポートも受けることができます。

  

本ページで紹介したサービス
ProcessLook+

 

タイトルとURLをコピーしました